第2回座談会を開催いたしました♪

 

昨年から始まったこの企画、【SENYO座談会】

ついに2回目を開催することができました!!

 

今回は前回の座談会後に入社した社員を2名含めた、弊社の若手メンバーで行いました。

 

トークテーマは【コロナ禍で感じたこと】

 

ざっくりとしたテーマですが、そのおかげなのか、みんな自由に発言していました。

 

■開催日時■

2020年6月24日(水)13:30〜14:30

 

■参加者■

工事管理部:山、中西、小野

会元部:三浦

 

オブザーバー:松井

 

****************************************************************

 

緊急事態宣言下での自宅待機中、何をされていましたか。

また、普段と違う生活の中で何を感じましたか。

 

 

中西  ずっと家にいて、ゲームをしていました。

    弟はこの春大学生になりましたが、6月までは1日も通学が無く、

    ずっとオンラインで授業を受けていました。

 

 

小野  6月に入ると、学生が家の前を通っていく姿をみかけました。

    普段は出勤している時間帯なので気づきませんでしたが、

    家の前をこんなに多くの学生が通っているんだと知りました。

 

 

山  自宅待機前までは、自宅と現場の往復だったので、

    こんなにコロナが大事になっているとは知りませんでした。

 

 

 

自宅待機中に時間を費やしたことについて教えてください。

 

 

 

中西  ゲームです

 

一同  (笑)

 

松井  1つのゲームを極めたのか、複数のゲームをしていたのかどちらのタイプですか

 

 

中西  1つのゲームをやっていました

 

 

松井  仕事のストレスは発散できましたか

 

 

中西  家ではあまり仕事のことは考えませんね。切り替えています。

 

 

小野  僕は引っ越しをしたので、その片付けをして、

    自分の部屋用にローテーブルを製作しました。

 

 

一同  おお〜

 

 

松井  時間はどれくらいかかりましたか

 

 

小野  時間は気にせずにやっていたのですが、総時間数で言うと2~3日ですね。

    天板は廃材を使用したので、脚の材料を買ってきて製作しました。

 

 

三浦  DIYができるってすごいですね!

 

 

松井  何か作ってほしいな〜

 

 

山  僕は家の木を切ったり、雑草を抜いたりしていました。

    空いた時間にはゲームをしていました。

 

 

 

三浦さんは時差通勤・時短勤務でしたが、電車でどのような違いを感じましたか。

 

 

三浦  5月は時差通勤時短勤務だったので、会社の最寄り駅まで

    ずっと座れるくらい空いてました。

    6月に入り、通常勤務になった頃から通勤通学の人が増え、

    コロナ以前と変わらないくらいの乗車率に感じています。

    マスクもそろそろ暑く感じているので、

    自転車に乗るときなどは取るようにしています。

 

 

自宅待機中に大変だったことはありますか。

 

 

中西  昼夜逆転していました。明るくなったら寝て、昼には起きる といった生活でした。

 

一同  (笑)

 

小野  2時か3時くらいには寝てお昼くらいに起きていました。

 

松井  めっちゃ寝ますね!

 

小野  めっちゃ寝るんですよ、僕。(笑)

    自粛ムードが強かったですが、夜中に外で友達と1対1で会って

    話すなどはしていました。

    また、ジオキャッシングというゲームをしていました。

    街中に誰かが隠した「キャッシュ」と呼ばれるものをGPSを用いて

    探すゲームです。なるべく人が少ない時間に外で遊ぶようにしていました。

 

山  僕は自炊するので、近くのスーパーがいつもより早く閉まるので困りました。

 

松井  どんな料理を作っていたのですか。

 

山  自分で食べる料理なので、特に名前の無い料理です。

    料理だけではなく、お菓子を作ったりもします。

 

 

新しい生活様式になったことで変わったこと、感じたことがあれば教えてください

 

 

三浦  お店に透明のカバーがあるのでレジの金額が見えにくかったり、

    コミュニケーションが取りにくいと感じます。

 

小野  そうですよね。レジの奥にあるたばこの番号が見えないので買いにくいです。

 

三浦  新しい生活様式といえば、オンライン飲み会をしました!

 

松井  私もしました!

 

小野  僕も!

 

山  僕も!

 

中西  ・・・ゲーム(オンラインゲーム内)で会っているので、

    飲み会をする暇があるなら、ゲームを進めますね。

 

一同  (笑)

 

 

松井  オンライン飲み会は誰としましたか?

 

三浦  普段遊ぶ友達とです

 

小野  3月まで在籍していた学校の友達とやりました

 

山  僕も普段遊ぶ友達とです。

    友達は高齢の両親を心配して実家に会いに行こうかと言ったら

    「コロナが怖いから来ないで」と言われたそうです。

 

 

実家が他県の人はどうですか

 

山  普段から1年に1度くらいしか帰省しないので、特に不便さは感じていません

 

松井  私は他県への移動が解禁になった後に、半年以上ぶりに実家に帰りました。

    人生で1番長く両親と会えていなかった期間だったので、

    お互い元気な姿で会えて嬉しかったです。

 

 

 

コロナ禍の中で気づいたこと、感じたことはありますか。

 

 

三浦  電車で咳をする人がとても申し訳なさそうにするので、

    そこまでしないでいいのになと感じました。

 

小野  「感染させない・感染しない」ように考えた上で外に出たり、

    特定の人と1対1で会うのは問題ないと思うのですが、

    オンライン飲み会でそれを言ったら友達に「おかしい!」と言われて…

    ずっと家に籠るのも精神衛生上良くないので、

    しっかりと考えて動くことが大切ではないかと思います。

 

 

松井  社会がピリピリしていますよね。

    電車で咳こむ人を嫌悪して見る人に

    「世代」や「性別」など特徴はありましたか?

 

小野  特に特徴はなかったように思います。見る人は見るといった感じでした。

 

 

松井  「気にしないでいいよ!」みたいなバッヂがあったらいいかもしれませんね。

 

 

三浦  バッヂといえば、実際に喘息の人が「この咳はうつりません」という

    バッヂをつけることもあるようです。

    バッヂをつけないと受け入れてもらえない世の中になってることが悲しいですね。

 

中西  子連れの人が親だけマスクを付けて、子どもは付けていないといった様子を

    何度か見かけたことがあり、親はそれでいいのかなと感じました。

 

松井  その子どもさんは何歳くらいでしたか?

 

中西  幼稚園に入るか入らないくらいです。

    マスクを付けたがらないのは分かるけど、時期が時期なので心配になります。

 

松井  実体験ですがその時期(4月〜6月前半)は子ども用のマスクが

    どこに行っても手に入りませんでしたね。

    あと、子どもの特性にもよりますが、

    子どもにマスクをずっとつけさせるのはかなり難しいです。

    スーパーなどに連れて行かなければいいと思うかもしれませんが、

    家庭によって事情もそれぞれなので一概に言うのは難しいですよね。

 

 

各自何か質問したいことはありますか

 

 

小野  緊急事態宣言が解除されてからどこかへ出かけましたか?

 

 

三浦  カラオケに行きました。

    夜に行ったのですが、結構並んでいました。

 

 

小野  僕もカラオケに行きました。

    アルコール消毒後、検温され、トイレなど共有空間に出る際は

    マスクの着用を徹底するように言われました。

 

 

山  居酒屋に行きました。メニューが紙で使い捨てできるように

    変わっていたので感心しました。

    店内はガラリとして、お客さんはかなり少なかったです。

 

 

松井  私は年間パスポートを持っているハーベストの丘に行きました。

    子どもと芝滑りをしたのが楽しかったです。

 

 

コロナが落ち着いてどこにでも行ける!となったら、どこに行きたいですか。

 

 

三浦  与論島に行きたいです。

    昔行った久米島が良かったので、他の離島にも行ってみたいです。

 

 

小野  BBQがしたいです。コテージに行こうと友人と計画中です。

 

 

中西  本屋さんに行きたいです。小説の品ぞろえが良ければどこでもいいので。

 

 

山  富士山に登ってみたいです。今年は登山道が閉鎖になっているので残念です。

 

 

松井  工事管理部の先輩社員は釣りやアウトドアが好きで、よく行っているようですね。

 

 

小野  先輩から家族とサイクリングしたという話を聞き、

    家族思いで素敵だと思いました。

 

 

松井  早く新型コロナウイルスが落ち着いて、好きなところに遊びに行ったり、

    人と気兼ねなく会えるようになるといいですね。

 

 

 

****************************************************************

1時間という短い時間ではありましたが、

それぞれがコロナ禍の中、どのように考え、過ごしてきたのかを垣間見ることができました。

 

趣味の話、好きなこと、行ってみたい場所など、

普段は話さないような話をすることで、お互いを知る良い機会になったのではないかと思います。

 

 

新型コロナウイルスについてはまだ気の抜けない日々が続きますが、

今回の流行によって気付いたこと、考えたことを忘れないようにしたいと思います。

 

次回の座談会が今から楽しみです。

 

 

現場レポート【Aビル改装工事】

【Aビル改装工事】

 

≪工期≫
令和2年2月17日〜令和2年5月2日

 

≪建物用途≫
複合商業施設ビル

 

≪構造≫
SRC造

 

≪延べ床面積≫
地上11階・地下1階 約13,599.6

 

≪請負工種≫
冷暖房・換気・排煙設備工事

 

≪設備機器の容量≫
空冷ヒートポンプマルチエアコン

室外機 45.0kW 2台
    33.5kW 4台
室内機 11.2kW 16台
    5.6kW   3台
    3.6kW   2台
    2.8kW   2台
送風機 80W     13台

 

 

‣既設設備の撤去

 

‣既設設備の撤去

 

‣既設設備の撤去(空調室外機)

 

‣既設設備の撤去および移設(空調室外機)

 

‣冷媒管、ドレン管

 

‣給排気ファン、銅管ヘッダー

 

‣排煙ダクト

 

 

 

≪工期を終えての感想≫

担当者・・・Y(入社9ヶ月)

 

 

私は現場代理人の補助として工事に携わりました。

1つの現場に最初から最後まで関わるのが初めてだったので、

非常に有益な経験ができたと思っています。

 

「いつ、何を、どうやって、どれくらいの期間で施工するのか」といった

全体の流れを感じ取ることができました。

 

現場の清掃や整理整頓は誰よりも丁寧にやることを心掛けていました。

自分が率先してやることで、周りの作業員の方々も協力的となり、

最後には所長に「当該現場で空調設備業者が最も綺麗に作業を行っている」と、

声をかけていただきました。

 

苦労したことはたくさんありました。

 

ピーク時は100人弱の工事関係者で混雑する中で、

「2階トイレの作業はいつ取り掛かれるか。また、いつまでに作業を終えなければならないか」といった

現状把握をするのに骨が折れました。この点に関しては、上司が工程管理を行い、

資材や作業員を手配するのを見ているだけになってしまいました。

 

もちろん毎日の昼礼で打合せはしていましたが、現場では様々な不足の事態が起こるので、

「先読みできる技量を身につけなければ通用しない」ということを知りました。

 

今回の現場で痛感したことは、自分が工程を理解していなかったり、

適切な作業指示が出来ていなかったり、段取りが悪かったりすると、

作業員の方々に100%のパフォーマンスを発揮していただけない場合があるということです。

 

お客様に感動していただける「高品質な施工」を実現するためにも、

設備工事について学び覚え、それを実践していきたいという思いがより一層強くなりました。

 

 

 

 

弊社の新型コロナウイルス対策

 

こんにちは。

会社を元気にする部の松井です。

 

世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス。

緊急事態宣言の発令を受け、弊社ではテレワークや時差通勤を取り入れております。

 

社内では、マスク着用の徹底や共用部の消毒、数時間おきの換気を行う等の対策を行っております。

「次亜塩素酸で空気を洗う」ジアイーノは今まで1台の稼働でしたが、2台に増やし、1日中フル稼働しております。

 

 

 

先日、磯野貴理子さんがテレビでこのようなことをおっしゃっていました。

 

「我慢と辛抱は違う。人間って我が強いから我慢はしにくいんだって。我慢しろと言われると我が出ちゃうからすごく辛い。

でも、人は辛抱はできるんだって。辛抱って漢字では【辛さを抱く】って書くの。辛さを抱きしめればいいのよ。ぎゅって。

なんかできる気がしない?辛抱って。」

 

 

外出も思うようにできず、どこを見ても新型コロナウイルスの話題ばかり。

日常を奪われてしまったように感じ、辛くなることもありますが、いまはその辛さをぎゅっと抱く。

 

桜は散ってしまいましたが、アジサイの季節には日常が戻ってくることを祈って、

今は自分たちに出来ることを粛々とやりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5daysインターンシップ 〜4日目・5日目〜

 

 

4日目からは5日間通しで来てくれているOさん1人のインターンシップです。

 

 

まず最初に「新入社員のお仕事」と題して、入札に関わる事務のお仕事体験をしていただきました。

 


 

 

2018卒の先輩社員が、自身が担当している「入札」がどういう仕組みなのかを説明しました。

 

 

 

その後は就職前に知りたい社会保険について。

 

 

私も学生の頃に知っておきたかった分野なので、気持ちを込めてお伝えしました。

 

 

 

 

午後は「広報のお仕事体験」

 

3日目まで参加してもらった学生の皆さんには、課題として弊社のHPをより良くするためのアイデアを出していただきました。

 

Oさんとは皆さんの意見をまとめ、HPをブラッシュアップするための課題を見つけていきました。

 

ここでまとめた内容は実際のHP制作に活かしたいと思っています。

 

 

 

続いて部長に「空調について」講義していただきました。

 

私も初めて聞くお話ばかりだったので、ついOさんを差し置いて前のめりで質問してしまいました。(笑)

 

 

 

 

5日目。ついに最終日です。

 

 

この日は積算(見積り)から始まりました。

 

 

 

分からないことは積極的に質問し、メモを取るOさん。

 

配管とダクトの数量拾いを行いました。

 

 

 

 

この後は「働く目的って?仕事ってなんだろう」というテーマでのワークを行いました。

 

 

このワークでは、コミュニケーションアップ術もお伝えしているのですが、

Oさんはコミュニケーション上手な方だったので、講師の松下は急遽内容変更を余儀なくされたそうです(笑)

 

 

 

 

 

 

弊社の5daysインターンシップでは、最終日に成果発表会を行っています。

 

 

昨年夏に開催したインターンシップでは、紙にまとめた内容を発表するのみだったのですが、

 

今回からはパワーポイントを作成しプレゼンテーションをしていただきました。

 

 

 

 

Oさんは分かりやすくまとめたパワーポイントで、8分以上もプレゼンテーションしていただきました。

 

発表のあとは社長と社員よりフィードバックを行いました。

 

 

5日間毎日自宅から往復80分自転車で来てくれたOさん。

本当にお疲れ様でした!

 

 

最後に記念撮影♪

 

 

 

今回のインターンシップでは、初めてプログラムの作成や講師を行い、勉強になることばかりでした。

 

良い経験をさせていただきありがとうございました。

 

 

弊社での経験が少しでも皆さんのお役に立てば良いのですが。

 

 

これから先、就職活動で悩み事や相談などがあればいつでもご連絡くださいね。

 

 

皆さんが進みたい道に進んでいけますように。

 

 

 

会社を元気にする部  松井

 

5daysインターンシップ 〜3日目〜

 

 

インターンシップ3日目は社長による「3261育成」からスタートです!

 

 

3261育成を始める前に、初対面の学生さんの緊張をほぐすアイスブレークを行いました。

 

 

 

 

社長が作成した「大好きマップ」というフォーマットを使用し、

 

各項目に自分の好きなことを書き込み発表していきます。

 

 

それぞれが個性豊かな発表をし、質問をし合う楽しい時間になりました♪

 

 

 

 

その後は施工管理技士の仕事についてや業界について、社長の経験談をふまえたお話がありました。

 

施工管理技士が希少性と需要が高い職種であるということがよく分かる講義でした。

 

 

 

 

 

 

午後からは、2日目の皆さんにCADで書いていただいた図面を見て配管の実習を行いました。

 

 

 

 

 

 

男女混合グループでしたが、力を合わせて頑張って完成させました。

 

 

完成したグループから水を通して圧力検査を行います。

 

 


 

 

かなりドキドキな瞬間でしたが、

 

一般的な水圧の2キロ、5キロ、最終的に10キロまで耐えることができました!!!

 

 

 

 

 

 

みなさん達成感いっぱいのいい顔してますね〜♬

 

みなさん、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

4日目、5日目に続きます♬

 

 

5daysインターンシップ 〜2日目〜

 

こんにちは♪

会社を元気にする部の松井です!

 

 

昨日、5daysインターンシップが最終日を迎えました。

 

今回のインターンシップでは5日間で 9名 の学生さんにご参加いただきました。

 

ご参加いただいた皆さんありがとうございました。

 

 

 

1日目は前回のブログにアップされているので、2日目から振り返ります。

 

 

 

 

2日目はCADに挑戦していただきました。

 

 

 

 

3日目に行われる配管実習の図面を作成するということで責任重大!

 

 

 

ですが、みなさん飲み込みが早く、全員が図面を完成させることができました!!!

 

 

 

 

その後は「未来を考えるワーク」を行いました。

 

今後どのくらいの時間を仕事に費やすのかを平均寿命と絡めてお話したり、

 

人生の中で自分が大切にしたいことは何なのかを書き出したり.....

 

 

 

今後就職活動をしていく中で少しでもこのワークで考えたことが役立ってくれると嬉しいです♪

 

 

 

最後はみんなでハイ、ポーズ!

 

お茶目な部長です♡

 

 

 

3日目のブログに続きます.....!!!

 

 

 

 

泉陽インターンシップの合言葉は“フレキシブル”

会社を元気にする部の松下です。

 

2度目の5dayインターシップが始まりました!!

今回のISリーダーの松井は前回のインターシップを元に、何度も打ち合わせを重ねてしっかりとプランを立てくれました。

 

(計画性と準備力バツグン!!)

 

しかし実際に始まると、予想外の出来事もしばしば起きます・・・

そんな時にもうろたえずに、フレキシブルな対応で良い方向に着地することが大切ですね。

 

複数校の同時受入の開催は初めてでしたが、また違った刺激もあり、特に交流タイムは盛り上がりました。

 

初日はオリエンテーションから始り、泉陽についてお伝えしました。

 

 

そして、まずはこれですね!

 

建設業ってどんなイメージ!?

 

なんと、出てくる出てくる!!

マイナスイメージのオンパレードです(汗)

このネタは、かなりワークに熱が入ります。

 ※内容はあえて公表しないでおきます・・

 

午後からは現場見学で、現在施工管理している大きな現場は工程的に入れないところが多くて十分にとはいきませんが、改修工事の介護施設へ入らせて頂きました。

数々の入居者への細やかな配慮がされた設計と設備に、みなさん釘付け。

 


 

他にも場所を変えて、以前に施工管理した小学校や集合住宅を回り、すでに設置された設備機器についての説明をしました。

(これまで何気なく見ていたダクトや空調設備が違った目で見えるようになるといいな!)

 

寒い中での見学から戻り、「社員交流」としてお菓子を並べてコーヒータイム。

(あっ!喋るのに夢中で写真を撮り忘れました)

各々の興味のある職業や、アルバイト中のエピソード、困ったお客さんなどで盛り上がりました。

この時間は“素”の学生さんが出るので、自分を知ってもらうチャンスです!

 

最後は今日一日の振返りをしました。

そして、聞いてみます。

 

建設業ってどんなイメージ!?

 

「キツイと思えるかもしれないけど、そこまでネガティブなイメージは多くない。むしろ現場は明るい!」

 

「人間関係が大変って思ったけど、そうじゃないってことが分かった!」

 

「イメージは悪かったけど、怖いと感じていた時代から新しい時代になっていることを知った!」

 

世に出ている情報や身近な人の体験話で思いこんでしまっていることが多いなと感じます。

確かにそういった場面も無いとは言えませんが、良い面も知って欲しいです。

建設業に限らずとも、イメージで決めつけずに積極的にインターンシップに参加して業界視野を広げて欲しいと思います。

 

 

泉陽冷熱インターンシップのご参加いただき、ありがとうございました。

 

レッツゴーインターンシップ

 

お久しぶりのブログになってしまいました。

 

会社を元気にする部の松井です。

 

 

 

本日は、大阪府主催のレッツゴーインターンシップに参加される大学生の皆様に

 

弊社の会社説明会をさせていただきました。

 

(レッツゴーインターンシップ詳細↓)

http://osakajobfair.com/event/detail/osaka-letsgo-internship.php

 

 

 

 

来週から始まる5daysインターンシップは羽衣国際大学様から学生さんが来られますが、

 

はじめの3日間は、レッツゴーインターンシップからも参加していただくことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、今日が初の顔合わせということで緊張感が漂っていましたが、

私たちの拙い話をしっかりと聞いてくださる姿が印象的でした。

 

 

「若手の育成に力を入れている」とお伝えしたところ、

「どのような方法で育成しているのですか?」とご質問を受けましたので、ブログでもお伝えしようと思います。

 

 

弊社では、3261育成という勉強会を定期的に行っております。

 

3261育成の3261とは、入社3年で管工事施工管理技士2級 6年1級の取得を目指すという意味です。

社長自らが講師となり、経験をふまえた知識を伝達していただいています。

 

私も最近まで勉強会に参加していたのですが、設備の話には身近な話題も多くとても興味深かったです。

 

 

今回のインターンシップ3日目に3261育成の模擬講座があるので、来られる学生さんは楽しみにしていてくださいね♪

 

 

来週は5日中4日間インターンシップなので、気合を入れてのぞみたいと思います!

 

インターンシップ中はブログ更新の頻度を上げてリアルタイムでお伝えできれば、と考えていますので、

 

良ければチェックしてくださいね。

 

 

それではまた♪

 

 

 

 

 

新年の始まりは社員そろって“えべっさん”

会社を元気にする部の松下です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


毎年1月10日は弊社の経営計画発表会です。

今回は決算報告と予算報告という大役をさせていただき、気持ちが引き締まりました。


そして社長より、経営理念に沿った今年のスローガンが発表され、社員が一丸となってスタートをきりました。


その後には、みんな揃って地元の由緒ある櫻井神社の上神谷戎(にわだにえびす)へ商売繁盛祈願です。

人事担当である私は、また新しい仲間を迎えられますようにと願いを込めました。


ところで櫻井神社は嵐の聖地巡礼で有名になったそうですよ。

参拝すると嵐のチケットの当選運がアップするとか?!

真実かどうかはぜひお試し下さいませ。


ちなみに部のメンバーのおみくじは・・全て“吉”でした。

工事管理部の女性課長はなんと“大吉”です!

これは幸先良いですね。


みなさまにとっても笑顔が溢れる素敵な1年でありますように・・・






会社説明会とインターンシップのお知らせ

 

 

会社を元気にする部の松井です。

 

 

早いもので12月も半ば。2019年もあと2週間となりました。

 

 

 

弊社のビルは少しレトロではありますが、事務所はリフォームされていて古さを感じさせない作りとなっています。

 

 

もちろん毎日清掃をしていますが、弊社では年末に2日間かけて大々的な大掃除を行っています!

 

 

時間がかかるような箇所は普段できないので、この機会に今年の汚れを綺麗さっぱり落としたいと思います。

 

 

 

さて、就職活動をしている皆様!

 

来年の2月〜3月に5daysインターンシップを開催することが決まりました!!!

※日程はまだ未定です

 

 

なんとすでに1名、参加が決定しています♬

 

 

施工管理ってなんだろう、泉陽冷熱ってどんな雰囲気の会社なの?!

 

という疑問を解決し、終わった後に何か1つでも学び取れるような時間にしたいと考えております。

 

 

 

5日間すべてではなくても、その中の1日または数日、参加してみたい方!

まずは弊社の会社説明会にお越しいただければと思います。

 

 

【2020年1月〜2月 会社説明会日程】

 

1/14(火)、17(金)現在1名参加予定、22(水)、30(木)

 

2/4(火)、13(木)、18(火)、28(金)

 

 

 

お申し込みはHPからでも電話からでも大丈夫です!

 

 

皆さまからのご連絡お待ちしております。